忘年会

の二次会にてエロゲームのシナリオを書いているというバーテンさんにお会いしました

まだお若くとても感じの良い女性でした

全然やらないのでタイトルを聞いてもまったくさっぱりでしたが、楽しくお仕事をしてそうでした

あーいったモノはすべからく男性の妄想が爆発しているものとばかり思っていたが見る目が変わりました

まぁシナリオでもイラストでもなんでも生み出す時にきつい時はあるかと思いますが楽しさの方が勝ってしまうと思います

Copyright (C) 2015kanbayashi nobuyuki. All Rights Reserved.

奏音の小箱

​奥さんがやってるピアノサロンです