小学生

の頃に僕が恋していた子は

いっつも頭の右側で髪を留ていたので

いっつも時計の10時を見るたびに

その子の事を思い出して苦しくなっていた

事をなんとなく思い出しました…

Copyright (C) 2015kanbayashi nobuyuki. All Rights Reserved.

奏音の小箱

​奥さんがやってるピアノサロンです